髭の永久脱毛と剃る方法のどちらが良いのかを考えてみよう

2018年1月24日

考える男性

 

髭の処理をするときには、どんな方法が良いのか。代表的な方法として剃る方法があり、その次に抜く方法があります。そしてもうひとつの選択肢として、永久脱毛する方法があるのです。しかし、抜く方法の場合、肌への負担が大きくおすすめできるものではありません。

脱毛の場合、お金と時間がかかります。仮に永久脱毛をする場合、一度の施術で全てが終わるわけではありません。何度も施術を受けて、段階的に脱毛をしていく方法だからです。そうなると、髭を剃り続けた方が良いのではないかと思えてくるかもしれませんが、これも一概にはそうと言えないものなのです。髭を剃る場合、毎日続ける必要があります。T字カミソリや電動シェーバーを使うことになりますが、最終的にはかなりのコストがかかります。シェービングフォームを使うことや、実際に髭剃りをするための時間、さらには慣れないときのリスクなどを合わせると結構な負担になってしまいます。そう考えると、実際には永久脱毛をするほうが、コスト的に優れている場合もあるのです。

もちろん、その人に合った方法があるので、これは誰にでも当てはまるとは言えません。永久脱毛も、本当の意味で永久に生えてこなくなるわけではないので(毛の再生率が20%以下なら永久脱毛として認められる)、再び施術を受けなければならないこともあります。しかし、不要な部分だけを脱毛することによって、生え方を維持しやすくなるメリットもあります。この細かい調整を全部自分でする場合にかかる時間や手間のことを考えると、専門家へ依頼するメリットが見えてきます。

髭を剃る方法は、毎日肌に刺激を与え続けることになります。よほど上手い人でも、まったくダメージを与えないまま毎日剃り続けるのは難しいことです。永久脱毛は高いお金がかかるものですが、長期的な目線で考えれば十分に元を取れる可能性はあります。肌への負担とお金の問題のどちらで考えるのか、しっかりと考えてみてください。